AR(拡張現実)で実現させる水道事業の業務効率化

水道事業者は、絶え間なく押し寄せる課題に直面しています。配管、バルブ、処理プラントが複雑に絡み合う老朽化したインフラには、常に保守対応3つの基本的な課題が存在します。

経験豊富な技術者の退職による企業内ノウハウの喪失、問題に対応するための出張サービスによるコスト高、そして老朽化したインフラの維持負担の増大です。

水道事業者は何十年もの間、インフラを管理し、綺麗な水を供給するために昔ながらの方法に頼ってきました。しかし、データ主導の現代社会では、革新的なソリューションの必要性が高まっています。拡張現実(AR)は業界を急速に変革させている技術であり、水道の分野も例外ではありません。

現場の技術者が、バルブの故障を見つけたとしましょう。

そのバルブは老朽化した大規模システムの一部分となっているようです。ベテランのエンジニア(替えの利かない専門知識を持っている)がスマートフォンやタブレットでAR対応のビデオ通話を開始します。経験豊富なベテランエンジニアが、デジタルアノテーションステップーバイーステップ修理プロセスを案内します。このセッションの録画は、同じ状況に直面する他の技術者のトレーニングに使用することができます。

これがARによって実現する水道事業の未来像です。誰でも熟練した技術者と同じく自信をもって複雑な作業に取り組むめるのです。

水道事業者にとってのARの利点は、引退する専門家の代わりとなるだけにとどまりません。出張サービスによる経済的負担を考えてみましょう。

ARは技術者がリモートで問題を解決ですることを助け、不必要な出張や関連コストを削減できます。単純な圧力計の初期不良などのために出張する必要はありません。ARを利用したトラブルシューティングにより、技術者はリモートで問題を診断し、解決することができます。

これによって出張サービスの回数を減らし、追加コストを最小限に抑え、最大限のサービスを提供することができます。

複雑な機器や、隠れた亀裂や腐食に悩まされることの多い老朽化したインフラはどうでしょうか。メンテナンス手順の概要が書かれたデジタル作業指示書は、モバイル機器をタップするだけで使用できます。技術者は、ステップーバイーステップのインフラ設備の3Dモデルにアクセスすることができます。

これは、複雑なポンプやハイテクのろ過システム、老朽化した配管などの作業に最適です。こうしたAR機能により、技術者はこれまで一部の人しか扱えなかった作業を処理できるようになります。ミスが減ることで、初回解決率も向上します。

ARによる遠隔サポートは単なるコスト削減に留まりません。

ARは、差し迫った経験豊富なエンジニアの退職や課題に対し、先を見据えた強固な組織体制業務を変革して効率化を目指し、予算やリソースへの負担を最小限に抑えます

そして、技術者がその分野での真のエキスパートとなれるよう、知識と自信を与えるのです。

2025年までに、公共事業会社の40%が、資源の枯渇と急増する需要が引き金となって資本需要の50%増に直面すると予想されています。

公共事業会社は、拡張現実(AR)と人工知能(AI)の最新技術を取り入れることで、業界のリーダーとなることができます。

CareARのデジタル作業指示書は、作業員が複雑なタスクを伝えたり理解したりする方法を根本的に変革します。公共事業会社は、イマーシブなワークフローを作成し、作業指示をデジタル化することで、フィールドサービスと顧客サービス体験を向上させることができます。ノーコードのデジタル作業指示書への移行は、技術面また運用面でのハードルを克服するために必要不可欠です。

当CareAR社はARデジタル作業指示書の利点を深く掘り下げた魅力的なインフォグラフィックを作成しました。一層の業務効率化を実現するための貴重な考察を、この資料からご確認ください。

  

 

  

上部へスクロール